百花春至為誰開

専門書以外にも、いろいろな本を読んでいる今日この頃ですが、
時々、いいフレーズが目に止まります。

皆様はどうお感じになられるかは分かりませんが....。
ひとつご紹介。



百花春至為誰開(ひゃっかはるいたってだがためにかひらく)


春が来て咲く無数の花々は誰のために咲いているのだろう。
誰のためでもない。
(咲くという)自分の本分をまっとうしているだけである。


褒められたい、いい評価をもらいたいという思いで行動することはないでしょうか?
春に開く花々は見る人から「なんと美しい」と称賛されたくて咲いているのではありません。

ただやるべきことをやっているだけ。
花に学びましょう。
周囲の目なんか意識しないで、一生懸命やることにつとめればいい。

その姿が美しいのです。


褒め言葉も評価もいらない、一生懸命やるだけ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント