専門性にふれた1日

全国各地に「迷惑な根」をおろしてしまったコロナウィルスですが、収束の先行きが見えず、
時間とともに多方面で2次的な影響が出てきそうであります。


さて、今日は休診日。

朝はいつもよりゆっくりとコーヒーを飲みながら過ごしましたが、その後は予定していた3つの用事をしっかりとこなしました。

今の時期に無駄に病院には行くべきではありませんが、九州中央病院へ行き事務的用事を済ませまして、

どうしようかと迷いましたが、思い切って中学時代の同級生が勤務している“科”に足を運んでお声かけしてみました。
感じの良い看護婦さんが繋いでくれまして、随分と久しぶりの再会を果たせました。
と言っても、こっちが勝手にお呼び立てしてしまった形ですがね....

(ご多忙のところ突然ごめんなさい!お会いできて嬉しかったです。ありがとう。

次は、自身が密かに研究をしている内容で疑問を抱えていましたので、福岡歯科大学の解剖学講座の先生を訪ねました。
裏付となる文献を検索せねばですが、お力をお借りする事ができそうです 


午後は法律事務所へ。

えっ?💦 と思われるかもしれませんが、訴訟するとかされるとか、そういった用事ではなく法の専門家である弁護士の先生へ
あるご依頼をしてまいりました 


3つの用事に共通します事は、社会の中で「先生と呼ばれる専門職」にある方との時間ですが、短い時間でも、その専門性に触れますと
すごいなぁ〜 なるほどなぁ〜 なんて勉強になります。

あっと言う間の1日でしたがよい1日でした 











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント